YOU.lab幸せの連鎖プロジェクト
By YOU.lab(ゆうらぼ) Follow | Public

【「幸せの連鎖プロジェクト」とは?】

グラスルーツ・シンクタンクYOU.labが提唱する、「幸せの連鎖構想」の具現化を推進するプロジェクトです。

【「幸せの連鎖」をシンプルに言い表すと?】

心が傷つく環境で育った人々が、自分らしく生きる幸せを感じられるようになり、その幸福感が次世代にも受け継がれていく社会を創る構想です。

本ページの「動画」を参照してください。
「幸せの連鎖構想」のイメージを簡単に説明した、テキストのスライドショーです。
(BGMが付いています)

【「幸せの連鎖構想」の詳細について】

「幸せの連鎖構想」の定義は次のようになります。

「子どもの貧困・負の連鎖」と密接な相互影響の関係がある「アダルト・チルドレンの世代連鎖」の解消を目指して、貧困なアダルト・チルドレンの健全な成長を支援することにより、機能する幸福な家庭を築き、格差なく豊かさを分かち合える社会を実現する構想。

「アダルト・チルドレン(AC)」とは、心理学の専門用語ですが、私たちは以下のように定義付けています。

子どもの成育に悪影響を与える親のもと「機能不全家族」で育ち、成長してもなお精神的影響を受け続ける人々。

元々は、「アルコール依存症の親がいる家族で育った人」という意味でしたが、もっと広い意味に変わって来ています。
今では、「Adult Children of Dysfunctional Family(子どもの成育に悪影響を与える親のもとで育ち、成長してもなお精神的影響を受けつづける人々)」という定義が一般的になっています。

現在の日本では、「子どもの貧困」が社会的課題として注目が高まっています。
実際に、日本における「子どもの貧困率」は、国際的に比較するとかなり高い状況になっています。

「子どもの貧困率」は、親たちの所得をもとに計算し、子どもにも個人的に親と同じ額の所得があるという仮定に基づいて算出されます。
2012年にユニセフが発表した調査結果では、日本のデータは2009年の所得を基にしていますが、18歳未満の「子どもの貧困率」は14.9%でした。
日本国内の約2,047万人の子どものうち、およそ305万人の子どもが貧困家庭で暮らしていることになる数値です。
調査の対象となった35カ国の中で、日本はワースト9位でした。また、2013年に厚生労働省が発表した「子どもの貧困率」は16.3%となり、過去最悪となりました。

「子どもの貧困」は、以下の3つの影響により、「アダルト・チルドレンの世代連鎖」を促進させます。
1つ目は「機能不全家族の増加」、2つ目は「自己肯定感の喪失」、3つ目は「自己効力感の喪失」です。
その3つの影響が「アダルト・チルドレンの世代連鎖」を促し、その結果として「子どもの貧困」を加速させ、「負の連鎖」が続いているのが、今の日本の状況です。

例えば、貧困による親のストレスが、アルコール依存症や家族への虐待を誘発することがあります。
児童養護施設に子どもが入所する理由も、親との死別や病気等ではなく、虐待や育児放棄が大多数を占めているそうです。

そのような環境で育った子どもが、心身の痛みを引きずった「アダルト・チルドレン」となり、自分自身が子どもを持ったときに、自分が受けたと同じような仕打ちをしてしまう場合もあります。

私たちは、その社会的課題を解決するための構想として、「『負の連鎖』から『幸せの連鎖』への転換モデル」を提唱します。
そして、そのモデルに基づき、「幸せの連鎖構想」を具現化するための、事業・活動を実践していきます。